主にScratchを使用してゲームやシステムのプログラムを作ります。最初にScratchの使い方をしっかりマスターしてから、応用のゲームや課題を作成します。

課題の作品を作れたら、その内容を踏まえたオリジナル作品を作ってもらいます。完成した作品は、ゲームのルールや内容の説明を文章に書き起こしてもらいます。

対象年齢:小学生、中学生

使用機材:パソコン、ロボット

使用アプリ:Scratch

 

① 入門(12時間)

Scratchでプログラムしていくうえで、必要な学習内容を学ぶための12ステップを用意。まずは一通りの知識と機能に触れてもらう。最後のステップでは、フローチャートを書く練習をします。プログラムの流れや条件分岐を意識して作っていけるようになる。

② 道場(8時間)

入門で学んだ事を分野ごとに分けて学習する。今後必要なブロックや機能であるため、必ずマスターしてもらうために、用意した様々なパターンを反復練習をしてもらう。

③ 作ろう1(20時間)

テキストを見てお手本のプログラムを作成。簡単なゲームを作成し、基本的なプログラムを作る流れを理解する。プログラム完成後、それぞれのテーマに沿ってオリジナルの作品を作成する。

④ システム(10時間)

Scratchのプログラムがかなり成熟してきたら、高度なシステムを作ってもらいます。世の中にある家電製品やゲームを論理的に考え、実際にScratch上にプログラムしてもらいます。
例)アルゴリズム、自動ドア、電子文字盤など

シミュレーターを作るようなイメージ。ここで世の中にあるもののプログラムを学ぶ。自動ドアであれば「人が近づくとドアを開く」などのプログラムを考えて作る

⑤ 作ろう2(10時間)

テキストや映像の作品を完成させると、それぞもとに自由にプログラムを作成する。自分で作成までの必要時間と企画をある程度立ててから作成に取り掛かる。完成すれば、内容やルールの説明を他人が読んでもわかるように文章でまとめる。

特徴

自由選択時間制 学校教育との接点
授業は決められた曜日ではなく行きたい時間や曜日を、自由に決めることができます。 算数や国語等の知識を実践的に使い、学校での勉強に説得力が出てきます。
パソコンスキルの習得 自分のペースで学習
パソコン以外にも、IT機器・ネット・アプリなどの汎用的な使い方を、自発的に習得できます。 未経験の生徒、集団の授業が苦手な生徒、ほかの習い事で忙しい生徒でも、安心の個別指導です。
様々な力が身に着く 自習スペース
論理的思考力、問題解決力、創造力、自己発信力など多くのチカラが身に着きます。 授業の時間以外の時間でも、生徒が自由に教室で学習できるスペースを用意しています。

身につく力

論理的思考力 非認知能力
論理的に考えることができる力で、難しい物事でもシンプルに考えることができようになります。 テストの点数では表すことができない能力ですが、非認知能力で行動が変わります。
文章能力 創造力
完成した作品の説明書を作成。質問があれば言葉で説明してもらいます。 オリジナル作品作りでは、真似をするのではなく今までにない新しいアイデアを考えてもらいます
思考力 問題解決力
どのように作れば実現できるのか、自分で考えるようになります。 プログラムの中で発生したバグや、その他の問題を、極力自分で考えて解決してもらいます

YouTubeに動画をアップすることを目的とし、動画編集とともにネット上にアップすることへの危険を実際に体験しながら学習します。

自ら映像の撮影やテロップ等を、ソフトを使用して作成し、人気のある動画はなぜ人気なのか、見せ方を考えながら動画を作ります。

対象年齢:小学生、中学生

使用機材:iPad、iPhone、パソコン

使用アプリ:iMovie、KINE MAKER、Power Director

① リテラシー

動画をアップする前に注意事項や目的を整理する。

② 企画構成

内容等の企画を考えて動画の構成を考える。構成を考えたら、手書きorパソコンで動画構成書を記入する。

③ 撮影

カメラ機器を使って、動画を自分で撮影します。音や映り方などを考えながら撮影します。

④ 素材作成

映像内で必要なOP・ED・BGMなどの素材を作成します

⑤ 動画編集

iPadやパソコンのアプリを使用して動画編集します。段階的に機能を理解して、作れるものをひろげていきます。

⑥ 配信

動画を配信するとき、人気がある動画にするにはどのように配信すればいいのかを考えながら配信します。

特徴

自由選択時間制 ネットとの接点
授業は決められた曜日ではなく行きたい時間や曜日を、自由に決めることができます。 不安なネットとの向き合い方を、先生が見守りながら実際に体験しながら学習できます。
パソコンスキルの習得 自分のペースで学習
パソコンの汎用的な使い方を、実際に使いながら学習でき、パソコンスキルが格段に向上します。 こだわりや動画のボリュームが大きくても、自分のペースでいいものを作ることができます。
撮影室 自習スペース
作りたい動画の素材となる映像を撮影するための撮影室を用意しています。 授業の時間以外の時間でも、生徒が自由に教室で学習できるスペースを用意しています。

身につく力

動画編集能力 ネットリテラシー
アップすることができるレベルの動画を編集する力が付き、動画ができている仕組みを知れます。 動画を通して、見せ方や魅力的な作品を考えて表現する能力が身につきます。
ネットリテラシー 問題解決力
ネットとうまく向き合って活用する力や、実践的なネットリテラシーが身につきます。 ハードでもソフトでも問題が発生したときの対処能力や発見能力が身につきます。
デジタルスキル 自己発信力
ファイル管理力やソフトの使い分けなど、汎用的なパソコンスキルが身につきます。 動画を通して、自分の表現したいものや伝えたいことを表現する力が身につきます。